インプラント

インプラントとは

歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。インプラントの材料は骨ととても馴染みやすいチタン合金でできており、この治療方法は入れ歯やブリッジに代わるもので、天然歯に近い審美性と機能性が得られ、よく噛めることが特徴です。

術前のCT撮影により骨の状態、厚み、血管、神経との位置関係を詳しく調べた上で、施術を致します。

当院ではインプラント治療を行う前に歯科用CTを撮影し、インプラントを埋込する周囲の状況を把握し、シュミレーションします。術後の経過観察も行えます。

素材 種別 特徴 審美性・耐久性 税別価格 保証 お支払
インプラント
インプラント
自費

利点

  • 自分の歯のように噛める
  • 味覚が低下しない
  • 隣の歯を取る必要がない

欠点

  • 費用がかかる
  • 体質や顎の骨の状態によってはできない場合がある
  • 正しい清掃習慣が必要となる
25万円~
患者さんの状態によって異なりますので一度ご相談ください。
 

現金

各種クレジットカード

入れ歯

部分義歯

素材 特徴 見た目 食事のしやすさ 耐久性 全身の健康度 お支払
レジン
レジン
  • すべてプラスチックのため、分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で、熱が伝わりにくいことがあります。
  • 噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
保険
熱可塑性レジン
熱可塑性レジン
  • 従来のレジンよりアレルギーなどへの生体安全性が高くなっています。
  • 従来のレジンより、臭いや汚れがつきにくく衛生的です。
保険
ノンクラスプ樹脂
ノンクラスプ樹脂
  • 樹脂の弾性で歯に維持させますので、残っている歯に負担がないです。
  • 金属で作る入れ歯よりも着脱が容易にできます。
  • 金属部分が見にくい、見た目に入れ歯と気づかれにくくなっています。
例8万円
コバルト床
コバルト床
  • 残っている健康な歯に、あまり負担をかけません。
  • 永く入れ歯の材料として使用され、信頼性も実績も高い材料を使用しています。
  • 金属なので薄く作れ、発音がしやすく異物感が軽減されます。
例25万円
ノンクラスプ樹脂+金属
ノンクラスプ樹脂+金属
  • 上記のノンクラスプ樹脂と金属床の良いところを両方兼ね備えています。
  • 見えるところは樹脂で作り、見えにくいところを金属で作っていますので、見た目にも入れ歯と気づかれにくく、丈夫で壊れにくいです。
例20万円
チタン床
チタン床
  • 体内に埋め込むことが出来るほど、安全性の高い金属を使用しています。
  • 口の中では、金属味がほとんどありません。
例30万円
  • ※上記保証については、所定の定期健診を受けることが条件になります。定期健診の受診が無い場合は、保証いたしかねます。
  • ※症例により、適応できない場合がございます。
  • ※初診料・治療費は別途必要です。

総義歯

素材 特徴 見た目 食事のしやすさ 耐久性 全身の健康度 お支払
レジン
レジン
  • すべてプラスチックのため、分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で、熱が伝わりにくいことがあります。
  • 噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
保険
熱可塑性レジン
熱可塑性レジン
  • 従来のレジンよりアレルギーなどへの生体安全性が高くなっています。
  • 従来のレジンより、臭いや汚れがつきにくく衛生的です。
保険
コバルトクロム義歯
コバルトクロム義歯
  • 金属なので薄く作れ、発音がしやすく異物感が軽減されます。
  • 永く入れ歯の材料として使用され、信頼性も実績も高い材料を使用しています。
  • 金属アレルギーの方には適しません。
例25万円
チタン義歯
チタン義歯
  • 金属なので薄く作れ、発音がしやすく異物感が軽減されます。
  • コバルトの入れ歯よりも軽い為、より異物感が軽減されます。
  • 入れ歯が割れたり、壊れたりすることはまれです。
例30万円
白金加金
白金加金
  • お口の中で明るく美しいだけでなく、身体に優しい素材です。
  • 精密な加工を行いやすい金属です。
  • 金でつくりますので、お口の中に入ったときに、金属味がしません。
例40万円
  • ※上記保証については、所定の定期健診を受けることが条件になります。定期健診の受診が無い場合は、保証いたしかねます。
  • ※症例により、適応できない場合がございます。
  • ※初診料・治療費は別途必要です。
Copyright © 医療法人社団 至誠会 大泉歯科クリニック All Rights Reserved.